« 残暑 | トップページ | 後楽園球場開場 »

2011年9月18日 (日)

元和の大殉教

9月10日(1622年、元和8年8月5日)、長崎のカトリック55人が西坂で火刑と斬首で処刑された(元和の大殉教)。55人は、1868年、教皇ピウス9世により全員列福された。なお、同教皇は、1862年には、二十六人の殉教者(1597年、西坂で処刑)を列聖している。

|

« 残暑 | トップページ | 後楽園球場開場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残暑 | トップページ | 後楽園球場開場 »