« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

小説家、遠藤周作没

9月29日(平成8年)、カトリックの小説家、遠藤周作没。享年73。問題提起は「沈黙」で始まり、「深い河」で終わったとも言えるだろうか。その文学活動は今も我々に深い問いを突きつけている。

| | コメント (0)

建築家、コンドル誕生

9月28日(1852年)、英国出身の建築家、お雇い外国人のジョサイア・コンドル誕生。作品の中にニコライ堂(明治24年、重要文化財)がある。享年67。ニコライの日記の邦訳が最近、文庫本になりました。

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

イエズス会正式認可

9月27日(1540年)、教皇パウルス3世がイエズス会を正式認可。この認可がなかったら、日本の歴史も別のものになっていたかも知れない。

| | コメント (0)

ポール・ニューマン没

9月26日(2008年)、米国の俳優、ポール・ニューマン没、享年83。1960年の映画「栄光への脱出」(英語名はエクソダスで出エジプトの意味)で主演。映画はイスラエル建国を描いたもの。イスラエル建国は何であり、何を目指しているのだろうか。これを論じると話が長くなります。

| | コメント (0)

アウグスブルグ宗教和議が成立

9月25日(1555年)、アウグスブルグでの神聖ローマ帝国議会で宗教和議が成立。これで、ドイツでのルター派は容認されたが、カルヴァン派や個人の信仰は認められず、30年戦争につながることになった。キリスト者同士が争うのは悲劇。

| | コメント (0)

小説家、辻邦生誕生

9月24日(1925年)、小説家、辻邦生誕生。享年73 。「背教者ユリアヌス」で毎日芸術賞を受賞。ユリアヌスはキリスト教公認後、4世紀半ばのローマ帝国皇帝でキリスト教への優遇策を変えようとした。そのため、背教者と言われた。

| | コメント (0)

初代ローマ皇帝アウグストゥス誕生

9月23日(B.C.63年)、初代ローマ皇帝アウグストゥス誕生。ルカ福音書2・1に、その名前が出てくる。A.D.14年8月19日、76歳で没。8月のAugustはAugusutusに由来する。

| | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

ヨナ

地震、津波、原発、そして今度は台風。日本という小舟を沈没させようと、大自然が猛威をふるっているかのようだ。

ヨナの物語を思う。ヨナが乗船したために、船が自然の猛威にさらされて転覆しそうになった。その原因を探り、ヨナの不従順が浮かび上がった。そんなことを思いつつ、まさか、日本の中にヨナが隠れ潜んでいるのではないだろうか。

以前、ある高名な宗教評論家の方が、日本のキリスト教の現状を「風景の宗教」と言っていた。風景というのは、ある意味、化石化しているということかも知れない。化石は過去の命を伝えている。

生きるには、現在の諸条件を考えることが必要なのだろう。しかし、化石が永遠の命を伝えるものであれば、それは現代に生かすのも可能かも知れない。

もし、日本の中にヨナがいるのだとしたら、それは現在の教会なのだろう。教会が悔い改め、神に立ち返る時、再び、その声を聞くだろう。そして、覚醒の時が来るだろう。

| | コメント (0)

「孤児教育会」創設

9月22日(1887年)、石井十次が岡山に「孤児教育会」を創設。日本初の孤児院で、のちの「岡山孤児院」。

| | コメント (0)

ジェームス・カーティス・ヘボン没

9月21日(1911年)、米国の長老教会の宣教師、医師、明治学院初代総理、ジェームス・カーティス・ヘボン没。享年96。横浜指路教会の創立にも関わった。

| | コメント (0)

原敬内閣成立

9月20日(1918年)、原敬内閣成立。原敬は明治5年、カトリックの神学校に入学、翌年、カトリックの洗礼を受けたが、それが彼にどんな影響を与えたかは知らない。後世の人には野口英世の洗礼と同じであろうか。

| | コメント (0)

高橋是清誕生

9月19日(1854年)、政治家、第20代内閣総理大臣、高橋是清誕生。享年81。2・26事件で暗殺された。高橋は宣教師ヘボンの夫人から英語を学んだり、フルベッキの書生になったり、キリスト教との接触があった。自伝があり、「耶蘇教信者の一人」と告白している。

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

宣教の前提

大宣教命令という言葉がある。復活したイエスが弟子たちに福音を伝えよ、と言われたことをさす。しかし、これは、ある意味、福音という知識の伝達であろうが、一般のそれと違う面もある。聞く人は知識と共に、伝える人を見ている。神の恵みに満たされているかどうかを。

| | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

海老名弾正誕生

9月18日(1856年)、組合教会の牧師、思想家、海老名弾正誕生、享年80。第8代同志社総長。

| | コメント (0)

吉田満没

9月17日(1979年)、「戦艦大和ノ最期」の著者、吉田満没。享年56。カトリック信徒だったが、のちプロテスタントの女性との結婚を機に日本基督教団に移った。鈴木正久牧師の西片町教会に属したが、牧師と戦争に対する思いで共鳴したようだ。

| | コメント (0)

メイフラワー号出港

9月16日(1620年)、ピルグリム・ファーザーズを乗せたメイフラワー号が英国・プリマスを出港。船客102人のうち、三分の一が英国で迫害を受けた分離派。船は同年12月26日、米国マサチューセッツ州ニュー・プリマスに着いた。

| | コメント (0)

ウルバヌス七世の教皇選出

9月15日(1590年)、ウルバヌス七世が教皇に選出された。しかし、まもなくマラリアのため、69歳で生涯を終えた。在位期間は13日で、歴代教皇の中では最短。

| | コメント (0)

女子英学塾創立

9月14日(1900年)、津田梅子(享年64)が女子英学塾(津田塾大学の前身)を創立。梅子は明治4年、岩倉使節団に随行して渡米した5人のうちの1人で、最年少の満6歳。フィラデルフィアの教会で洗礼を受けた。生涯独身。

| | コメント (0)

マザー・テレサのインド国葬

9月13日(1997年)、「神の愛の宣教者会」創立者、マザー・テレサのインド国葬が行われた。マザー・テレサは1997年9月5日、87年の生涯を終えた。最期の言葉は「もう息ができない」。

| | コメント (0)

吉岡弘毅没

9月12日(1932年)、長老派教会の牧師、吉岡弘毅没、享年85。三男が「海ゆかば」を作曲した信時潔。信時は若い時、一時、救世軍に飛び込み、兵士になったが、植村正久の話を聞いて、音楽の道に戻ったという。多くの校歌も作曲している。

| | コメント (0)

後楽園球場開場

9月11日(1937年)、後楽園球場開場。1967年(昭和42年)10月、1980(昭和55年)年10月、ビリー・グラハムによる野外大衆伝道集会が、ここで行われた。80年の時の通訳は故古山洋右牧師(福音自由教会)だった。1987年11月、球場は閉鎖。

| | コメント (0)

元和の大殉教

9月10日(1622年、元和8年8月5日)、長崎のカトリック55人が西坂で火刑と斬首で処刑された(元和の大殉教)。55人は、1868年、教皇ピウス9世により全員列福された。なお、同教皇は、1862年には、二十六人の殉教者(1597年、西坂で処刑)を列聖している。

| | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

残暑

9月になって、これで猛暑ともサヨナラと思っていた。9月半ばまで連日30度を超える夏が続くとは思っていなかった。今年は特に自然の猛威を感じた。しかし、いくら感じても、人は自然の外で生きることは出来ない。おそらく、ここでは自然を神と言い替えてもいいのだろう。

自然と神は、もちろん同一ではない。しかし、どちらも、その外では、人は生きられない。そのことを踏まえて、生き方を考える時ではないだろうか。しかし、多くの人は自然との付き合い方は考えるだろうが、神について考えるだろうか。

「われわれは神のうちに生き、動き、存在しているからである」(使徒行伝17・28)と聖書にある。これは信仰者の場合をさしているのだろうか。いや、前後の文脈からは「誰でも」という意味だと思う。誰でも神の中に生きているのだから、神について考えるべきではないだろうか。自然の猛威の中で、自然について考えるように。

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

トルストイ誕生

9月9日(1828年)、帝政ロシアの小説家、レフ・トルストイ誕生。享年82。非暴力主義者で、日露戦争反対の論文「悔い改めよ」が、与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」執筆の契機になったという。

| | コメント (0)

ダビデ像公開

9月8日(1504年)、ミケランジェロのダビデ像公開が始まった。像は政府の依頼で、1501年に制作を開始、4年で完成。現在はフィレンツェのアカデミア美術館にある。

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

ヘンリー8世王妃没

9月7日(1548年)、イングランド王ヘンリー8世(享年55)の最後(6人目)の王妃キャサリン・パー没。ヘンリー8世の時、英国の教会がカトリックから離脱。最後の結婚生活は3年半だった。

| | コメント (0)

西村伊作誕生

9月6日(1884年)、教育者、西村伊作誕生。享年78。文化学院の創立者。叔父に大逆事件で処刑された大石誠之助がいる。建築家の坂倉竹之助は孫。竹之助の父の設立した坂倉建築研究所は、現在の聖イグナチオ教会の設計を担当。

| | コメント (0)

南原繁誕生

9月5日(1889年)、東京帝国大学総長、南原繁誕生。84歳で没。無教会キリスト者。日本学士院院長。アララギ派歌人。

| | コメント (0)

アルベルト・シュバイツァー没

9月4日(1965年)、医者、神学者、オルガニストのアルベルト・シュバイツァー没、90歳。

| | コメント (0)

オリバー・クロムウェル没

9月3日(1658年)、イングランド護国卿、オリバー・クロムウェル没、59歳。トマス・カーライル著「オリバー・クロムウェル」は、大正時代に戸川秋骨訳で出版されています。

| | コメント (0)

ヴィクトール・フランクル没

9月2日(1997年)、精神科医、ヴィクトール・フランクル没。ユダヤ人だったためドイツ強制収容所に送られたが生還した。それを書いた「夜と霧」の、最初の訳者は故霜山徳爾氏で、上智大学教授、カトリックだった。

| | コメント (0)

新渡戸稲三誕生

9月1日(1862年)、札幌バンドの一人、新渡戸稲三誕生。71歳で没。クエーカー教徒。

| | コメント (0)

ジョン・バンヤン没

8月31日(1688年)、「天路歴程」の著者、ジョン・バンヤン没。40歳。

| | コメント (0)

有吉佐和子没

8月30日(1984年)、カトリックの小説家、有吉佐和子没。53歳。洗礼名はマリア=マグダレナ。杉並区の妙法寺境内に「有吉佐和子の碑」がある。

| | コメント (0)

黒田長政没

8月29日、キリシタン大名だった筑前福岡藩の初代藩主、黒田長政没(1623年)。55歳。父、如水もキリシタンだったが、秀吉のバテレン追放令で、父と子は、その信仰を捨てた。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »