« 「孤児教育会」創設 | トップページ | 初代ローマ皇帝アウグストゥス誕生 »

2011年9月22日 (木)

ヨナ

地震、津波、原発、そして今度は台風。日本という小舟を沈没させようと、大自然が猛威をふるっているかのようだ。

ヨナの物語を思う。ヨナが乗船したために、船が自然の猛威にさらされて転覆しそうになった。その原因を探り、ヨナの不従順が浮かび上がった。そんなことを思いつつ、まさか、日本の中にヨナが隠れ潜んでいるのではないだろうか。

以前、ある高名な宗教評論家の方が、日本のキリスト教の現状を「風景の宗教」と言っていた。風景というのは、ある意味、化石化しているということかも知れない。化石は過去の命を伝えている。

生きるには、現在の諸条件を考えることが必要なのだろう。しかし、化石が永遠の命を伝えるものであれば、それは現代に生かすのも可能かも知れない。

もし、日本の中にヨナがいるのだとしたら、それは現在の教会なのだろう。教会が悔い改め、神に立ち返る時、再び、その声を聞くだろう。そして、覚醒の時が来るだろう。

|

« 「孤児教育会」創設 | トップページ | 初代ローマ皇帝アウグストゥス誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「孤児教育会」創設 | トップページ | 初代ローマ皇帝アウグストゥス誕生 »