« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

登山の勧め

人生を旅にたとえる人は多いかも知れない。そこでは多様な経験が表されている。しかし、私は登山にたとえたい。そこには目標の確定と広がりゆく眺望がある。

人生の旅は六道を行くようなものかも知れない。しかし、そこには何かが欠けている。それを満たすために解脱がある。それはまた新しい旅の始まりかも知れない。しかし、以前の旅とは違う。それはゴールを知っていて、それに向かっているということではないだろうか。

少子高齢化の時代で、あの姨捨山物語が再度読まれなければならない。この物語を本当に意義あらしめるためには、『天路歴程』を、それに重ねなくてはならない。

聖化とは登山のようなものではないだろうか。そんなイメージが必要ではないだろうか。

声すなり 麓で遊ぶ 子らに向け 登山の勧め 聞けども聞かず

麓で子らが遊んでいる。登山への招きがなされる。しかし、子らは遊びに夢中で、招きの声に耳をかさない。しかし、応える子もいる。

なぜ、登山なのか。それは麓は洪水の危険があるからである。洪水からの退避、それが登山であり、救いである。

招きにすべての子らが応えるとは限らない。それは子らの選択によるのであって、その結果は、子ら自身が負うことになる。しかし、招きは、聖化の、登山している人たちがすべきであり、それは自然にそうなるのだと思う。

登山の中で、風景が変わり、展望が開けていく。そんな展望の紹介もまた登山への招き、動機になるかも知れない。

なぜ、登山なのか。それは再臨が聖化の目標だからである。山の頂上で再臨を迎える、それが登山の動機である。

聖化には目標が必要である。その時、それは再臨以外にはない。再臨は有形的再臨である。しかし、その途中に、空中再臨があってもいい。聖化を前進させるためには、その目標を明確に捉える必要があると思う。

現在は過去によってもたらされ、将来によって支えられている。愛は信仰によってもたらされ、希望によって支えられている。その愛は現在でありつつ、永遠である。

| | コメント (0)

カール・ヒルティ誕生

2月28日(1833年)、スイスの法学者、哲学者、カール・ヒルティ誕生。享年76。『幸福論『眠られぬ夜のために』の著者。日本に最初に紹介したのは東大で哲学を教えたケーベルだった。

| | コメント (0)

コンスタンティヌス1世誕生

2月27日(272年)、古代ローマ帝国皇帝、コンスタンティヌス1世誕生。享年65。ミラノ勅令によってキリスト教を公認、後の発展の基礎を用意した。晩年に洗礼を受けた。

| | コメント (0)

小崎弘道没

2月26日(昭和13年)、牧師、小崎弘道没。享年81。霊南坂教会を創設。同志社第2代社長(現総長)。

| | コメント (0)

タウンゼント・ハリス没

2月25日(1878年)、米国の外交官、タウンゼント・ハリス没。享年73。聖公会信徒。江戸時代後期に来日、初代駐日公使になり、日米修好通商条約を締結。

| | コメント (0)

松岡洋右が議場退場

2月24日(昭和8年)、国際連盟総会で、日本全権大使・松岡洋右が連盟脱退を宣言して退場(松岡はキリスト教とは無縁ではないが、そのことは余り注目されてはいない)。

| | コメント (0)

ヨハネ・パウロ2世が来日

2月23日(昭和56年)、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が来日、広島と長崎を訪問し、核兵器廃絶を訴えた。

| | コメント (0)

『基督再臨説を排す』を読む

国会図書館で、富永徳磨著『基督再臨説を排す』(警醒社書店、大正8年7月13日)を読んだ。そのあと、これに対する反論である畔上賢造著『基督再臨の希望 富永徳磨氏の再臨排撃論を駁す』(警醒社書店、大正8年10月10日)も読んだ。

内村鑑三らの再臨運動には関心を持っていたが、その時に必ず出るのが、富永徳磨の反対論である。今まで、関心はあったが、読む機会がなかった。

富永は、『基督再臨説を排す』で、霊的再臨と有形的再臨に区別するが、畦上賢造は『基督再臨の希望』の中で、霊的再臨は聖霊降臨と言った方がよいという。確かにその通りだ。畦上は、再臨派は霊的再臨を知らないという富永に対して、事実と違うと指摘。この点では畦上の勝ちだろう。

しかし、「要するに富永氏は或一部の再臨熱狂家を見て、再臨信仰そのものを見ないのである」と畦上はいう。ということは、部分的には当たっているという指摘を含んでいる。

内村鑑三は富永の本が出た時、自分への挑戦状と思ったのかも知れない。そこで、過激な反応が生まれたのだろう。しかし、この書は、再臨運動の中にいて、信仰の本質を誤っている人々への批判としては有効であったのではないだろうか。内村は運動を終える時、それを知ったのだろう。『聖書之研究』の最終号で、再臨信仰の継続を提唱しているが、そこには、運動収束の理由として、富永の指摘したような危惧があったと指摘しているのである。

しかし、もちろん、再臨信仰の中の何が誤りなのか、それは課題でもある。

| | コメント (0)

2012年2月22日 (水)

隅谷三喜男没

2月22日(平成15年)、経済学者、隅谷三喜男没。享年86。東京府立第一中学(現在の日比谷高校)4年の時、洗礼を受けた。東京帝大卒。東大教授を定年退官後、信州大教授、東京女子大学長など歴任。

| | コメント (0)

ジャンヌ・ダルクの異端審問開始

2月21日(1431年)、百年戦争でオルレアン解放に貢献したジャンヌ・ダルクの異端審問が開始。その結果、ルーアンで火刑。19歳だった。カトリック教会では聖人。同志社創設者、新島襄の妻、八重は会津戦争での戦いの姿から「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれることもある。

| | コメント (0)

天正遣欧少年使節出発

2月20日(1582年)、天正遣欧少年使節が長崎港を出港(天正10年1月28日のこと)。

| | コメント (0)

大浦天主堂が完成

2月19日(1865年)、長崎に大浦天主堂が完成(元治2年1月24日)。正式名は「日本二十六聖殉教者聖堂」。1865年3月17日、禁教下を生き抜いた信徒が、ここで発見された。

| | コメント (0)

マルティン・ルター没

2月18日(1546年)、宗教改革者、マルティン・ルター没。享年62。「闇(83)の中から白(46)い光が現れた」で、ルターの生年(1483年)と没年(1546年)を覚えることを教えてくれたのは、無教会の高橋三郎さんだった。

| | コメント (0)

エルンスト・トレルチ誕生

2月17日(1865年)、神学者、宗教哲学者、エルンスト・トレルチ誕生。享年57。ルネサンスと宗教改革による西洋近代の本質を追求した。

| | コメント (0)

ニコライ・カサートキン没

2月16日(明治45年)、日本正教会の創建者、ニコライ・カサートキン没。1836年8月1日(ロシア暦)生まれ。駿河台のニコライ堂は彼の名に由来している。文庫本で日記の邦訳があり、中に、東大で哲学を教えたケーベルのカトリック改宗への不快感も記されている。

| | コメント (0)

モンテ・カッシーノ修道院を爆撃

2月15日(1944年)、第二次世界大戦で連合軍がイタリアのモンテ・カッシーノ修道院を爆撃。修道院は529年ごろ、ベネディクト会により築かれたもので、トマス・アクィナスも、ここで学んだ。1964年に17世紀の様式に復元された。

| | コメント (0)

片岡健吉誕生

2月14日(1844年)、幕末・明治の政治家、片岡健吉誕生。享年59。日本基督教会高知教会信徒。東京YMCA第4代理事長。

| | コメント (0)

レフ・シェストフ誕生

2月13日(1866年)、ロシア系のユダヤ人哲学者、レフ・シェストフ誕生。享年72。著書に『ドストエフスキーとニーチェ(悲劇の哲学)』(1903年)がある。日本では、昭和9年に『悲劇の哲学』の書名で刊行。ソルボンヌで哲学を教えた時、パスカル、プロティノスの研究もした。

| | コメント (0)

チャールズ・ダーウィン誕生

2月12日(1809年)、イギリスの自然科学者、チャールズ・ダーウィン誕生。享年73。1859年の著書『種の起源』で、生物の進化の理論を確立。進化論をめぐって、教会には賛否両論がある。植村正久が明治学院を去った理由に採用した教科書が進化論などを取り入れていたこともあった。

| | コメント (0)

西村伊作没

2月11日(昭和38年)、教育者、文化学院創立者、西村伊作没。享年78。建築家、芸術家の一面もあった。次女ユリの夫が建築家、坂倉準三で、坂倉建築研究所設立者。伊作の叔父に大逆事件で処刑されたキリスト者の医師、大石誠之助がいる。

| | コメント (0)

田河水泡誕生

2月10日(明治32年)、漫画家、田河水泡誕生。享年90。漫画「のらくろ」の作者。本名は高見沢仲太郎。夫人の高見沢潤子は文芸評論家の小林秀雄の妹。後半生はクリスチャン。そのきっかけは、漫画『サザエさんうちあけ話』によると、弟子の長谷川町子(聖公会のクリスチャン)がつくった。

| | コメント (0)

八木重吉誕生

2月9日(明治31年)、詩人、八木重吉誕生。享年29。大正8年、駒込基督会で富永徳磨牧師から洗礼を受けた。故郷の町田市には八木重吉記念館がある。

| | コメント (0)

「原爆の図」を発表

2月8日(昭和25年)、画家の丸木位里・俊夫妻が「原爆の図」を発表。昭和42年、埼玉県の自宅近くに原爆の図丸木美術館を設立、関屋綾子さんが平成13年6月まで館長だった。

| | コメント (0)

ローマ教皇ピウス9世没

2月7日(1878年)、ローマ教皇ピウス9世没。享年85。第一バチカン公会議を召集、同公会議は「教皇不可謬説」を採択。また、回勅に付属した「誤謬表」を発表。回勅によって聖母マリアの無原罪の御宿りの教義を正式に制定。1862年には日本の26人の殉教者を列聖した。

| | コメント (0)

ベーブ・ルース誕生

2月6日(1895年)、米・メジャーリーグの野球選手、ベーブ・ルース誕生。享年53。少年時代、カトリックのブラザー・マシアス神父に野球を教えてもらったことが、彼の生涯を決めたという。

| | コメント (0)

2012年2月 5日 (日)

長崎でカトリック信徒26人処刑

2月5日(1597年)、豊臣秀吉の命令で、長崎・西坂の丘の上でカトリック信徒26人が処刑された。この日は慶長元年12月19日でもある。最年少はルドビコ茨木で、12歳の少年だった。

| | コメント (0)

ボンヘッファー誕生

2月4日(1906年)、ルター派の牧師、神学者、ディートリッヒ・ボンヘッファー誕生。享年39。

| | コメント (0)

永井隆誕生

2月3日(明治41年)、医学者、永井隆誕生。享年43。カトリック信徒。長崎に投下された原爆に被爆。『長崎の鐘』、『この子を残して』などの著者。

| | コメント (0)

「徹子の部屋」放送開始

2月2日(昭和51年)、「徹子の部屋」が日本教育テレビ(現、テレビ朝日)で放送開始。黒柳徹子さんの母、朝さん(故人)はクリスチャン。徹子さんも、どうやらそうらしい。出身校の香蘭女学校は聖公会系の学校。

| | コメント (0)

「エリザベス・サンダース・ホーム」開設

2月1日(1948年)、沢田美喜が大磯に、混血児救済施設の「エリザベス・サンダース・ホーム」を開設。享年78。以前、ホームを一度、訪ねたことがある。沢田さんには会えなかったが、沢田さんのキリシタン遺品コレクションを見せてもらった。

| | コメント (0)

メノ・シモンズ没

1月31日(1561年)、アナバプテストの指導者、メノ・シモンズ没。1496年生まれ。活動はメノナイト教会を生み出した。

| | コメント (0)

石井十次没

1月30日(大正3年)、岡山孤児院創設者、石井十次没。享年48。岡山孤児院は日本で最初の孤児院。明治17年、岡山基督教会で洗礼を受けた。

| | コメント (0)

吉野作造誕生

1月29日(明治11年)、政治学者、吉野作造誕生。享年55。仙台の旧制第二高校(現・東北大学)時代、仙台バプテスト教会でバプテスマを受けた。

| | コメント (0)

ヘンリー8世没

1月28日(1547年)、イングランド王、ヘンリー8世没。享年55。熱心なカトリック信者だったが、自らの離婚、再婚問題で、教会との関係がこじれ、自らをイングランド国教会の長として、カトリック教会から離脱した。

| | コメント (0)

矢内原忠雄誕生

1月27日(明治26年)、経済学者、矢内原忠雄誕生。享年68。元東京大学総長。無教会の伝道者。高校の社会科教諭だったY先生、大学の同学科の後輩だったY君が矢内原集会に出ていた。Y君は、その雰囲気を懐かしげに、よく話してくれた。二人とも、もうこの世にいない。

| | コメント (0)

マリア・フォン・トラップ誕生

1月26日(1905年)、歌手、マリア・フォン・トラップ誕生。享年82。一時、カトリックの修道女になろうとした。映画「サウンド・オブ・ミュージック」のモデル。

| | コメント (0)

エヴァ・ガードナー没

1月25日(1990年)、女優、エヴァ・ガードナー没。享年67。映画「天地創造」(1966年)で、アブラハムの妻、サラ役を演じた。その他、「裸足の伯爵夫人」(1954年)でも、ハンフリー・ボガートと主演。

| | コメント (0)

森永太一郎没

1月24日(昭和12年)、森永製菓の創業者、森永太一郎没。享年71。米国にいた時、洗礼を受けた。晩年はキリスト教の伝道をした。元首相の安倍晋三氏夫人の昭恵さんは曾孫。

| | コメント (0)

北原怜子没

1月23日(昭和33年)、「蟻の街のマリア」こと北原怜子没。享年28。昭和24年、光塩女子学院で受洗。洗礼名エリザベス。ゼノ神父(本当は修道士)と知り合い、「蟻の街」(今の隅田公園界隈)で奉仕活動を行う。その地区に生まれた教会が、今の潮見教会で、隣接して日本カトリック会館がある。

| | コメント (0)

ハロルド・リンゼル没

1月22日(1998年)、神学者、ハロルド・リンゼル没。享年84。フラー神学大学の創立者。聖書の無誤性を強調。

| | コメント (0)

勝海舟没

1月21日(明治32年)、幕末の政治家、勝海舟没。享年75。最近、キリスト教との関係が注目されているが、その本はまだ読んではいない。父の小吉の書いた『夢酔独言』は面白い。自分の真似はするな、という、ちょっと悲しい自伝。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »