« カール・ヒルティ誕生 | トップページ | 山田晶没 »

2012年2月28日 (火)

登山の勧め

人生を旅にたとえる人は多いかも知れない。そこでは多様な経験が表されている。しかし、私は登山にたとえたい。そこには目標の確定と広がりゆく眺望がある。

人生の旅は六道を行くようなものかも知れない。しかし、そこには何かが欠けている。それを満たすために解脱がある。それはまた新しい旅の始まりかも知れない。しかし、以前の旅とは違う。それはゴールを知っていて、それに向かっているということではないだろうか。

少子高齢化の時代で、あの姨捨山物語が再度読まれなければならない。この物語を本当に意義あらしめるためには、『天路歴程』を、それに重ねなくてはならない。

聖化とは登山のようなものではないだろうか。そんなイメージが必要ではないだろうか。

声すなり 麓で遊ぶ 子らに向け 登山の勧め 聞けども聞かず

麓で子らが遊んでいる。登山への招きがなされる。しかし、子らは遊びに夢中で、招きの声に耳をかさない。しかし、応える子もいる。

なぜ、登山なのか。それは麓は洪水の危険があるからである。洪水からの退避、それが登山であり、救いである。

招きにすべての子らが応えるとは限らない。それは子らの選択によるのであって、その結果は、子ら自身が負うことになる。しかし、招きは、聖化の、登山している人たちがすべきであり、それは自然にそうなるのだと思う。

登山の中で、風景が変わり、展望が開けていく。そんな展望の紹介もまた登山への招き、動機になるかも知れない。

なぜ、登山なのか。それは再臨が聖化の目標だからである。山の頂上で再臨を迎える、それが登山の動機である。

聖化には目標が必要である。その時、それは再臨以外にはない。再臨は有形的再臨である。しかし、その途中に、空中再臨があってもいい。聖化を前進させるためには、その目標を明確に捉える必要があると思う。

現在は過去によってもたらされ、将来によって支えられている。愛は信仰によってもたらされ、希望によって支えられている。その愛は現在でありつつ、永遠である。

|

« カール・ヒルティ誕生 | トップページ | 山田晶没 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カール・ヒルティ誕生 | トップページ | 山田晶没 »