« サラマンチ誕生 | トップページ | J.F.ガウチャー没 »

2012年7月18日 (水)

『パストル・エテルヌス』を採択

7月18日(1870年)、第一バチカン公会議で、教皇首位説、教皇不可謬説に関する教義憲章『パストル・エテルヌス』を採択した。教皇不可謬説に反対していたドイツの神学者、デリンガーは破門されたが、のち同じ立場の復古カトリック教会に加わった。

|

« サラマンチ誕生 | トップページ | J.F.ガウチャー没 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サラマンチ誕生 | トップページ | J.F.ガウチャー没 »