« 沢崎堅造没 | トップページ | ピウス10世が教皇に »

2012年8月 3日 (金)

新(あらた)の墓にて

新(あらた)の墓にて
    (沢崎堅造・作)

この静やかな心
丘の上にて
青空に 陽は輝き
牛群は 一瞬動かず
天国の影

わが児新の墓は
見はるかす丘の麓
草畳み 海の如し
一盛りの土塊
木標細し

牛の群 取巻き
土を掻き 角をこする
木標折れざるや
されど我は心楽し

昨日は 小羊の跡一面
土塊は遂に無くなり
或は草地と化せん
されど 我は楽し

林西の西の山
墓標は東に面す
何か 東山の
伊藤君の墓と向ひ合す心地

旅に出でし時
母に抱かれて
我を送りたりき
我は顧みざりき
そは基督の道をゆくものな
 れば

最後の五分間
東門の漸く見えしとき
疲れし我は我を励ましたり
知らず、我家には
死にし児待てり

白き棺を央にして
人々は重なりて祈り居れり
我は そと入りて
祈りの中に感謝したり

蒙古伝道--
それは余りにも重々しき言葉
小さき旅に
小さき死が 供えられたり

愚かなる父を励ますため
この児は 死を以て
再び帰へることなきよう
我が脚に 釘打てり

涙は湧かず
ただ堅きものが
胸も顔も蔽ひたり
単り離れん

あまりにも奇しき
厳しき 神の御旨よ
粛然として襟を正すのみ
伝道とは 天国の業なり

基督と共に
基督の中に
ああ基督に包まれて
何処までも 何時にても
何事が起きても 心安けし

天国は 静かに近づき
わが世に 垂れ交る
きよき、温き、心は充つ
基督と聖徒とわが児はあり

文は書けず
書は読めず
祈りも ただ黙するのみ
僅に 基督の生命 湧き上
 る

天国の便り
これを想ひ これを述べん
十字架は
天国の窓なり

「復活在我」
「在基督裏 新造的人」
木標の両面に
風冷し

|

« 沢崎堅造没 | トップページ | ピウス10世が教皇に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沢崎堅造没 | トップページ | ピウス10世が教皇に »