« 内村鑑三の「実験」とは | トップページ | 終活、それは今でしょ »

2014年3月30日 (日)

「人生は旅」と言うけれど

「人生は旅だって言うけれど、旅人にとって大切なことは何だろうか?」
「それは旅のゴールを見失わないことだよ。そのゴールはよいものでなくてはならない。旅そのものがよいと思う人には、それが終わることは悪いことと思われるかも知れないけど、旅がいつまでも続くことはないよ」

「旅の終わりをどうするか、最近は終活って言葉があるけど、それ何?」
「巷では遺言の書き方とか葬儀の仕方とか、いろいろ言われているけど、天路歴程の旅に出ることが終活なんだよ。だから、中には十代で終活を始める人だっているんだ。幼児洗礼の人なんて一番早く始めているんだろうね」

「巷の終活には、違和感を感じないかい?」
「そうだね。死というものが何か軽く扱われているような気がしてね。どこかに旅行に行くための準備のような感じで、死とは、そんなに軽いものだったのかと不思議な感じがしているよ」

「それでも、終活が注目されるのは、意味のあることだよね?」
「それが地上に永住の地はないということを意味しているならばね。我々は天路歴程の旅に出かけなければならないんだ。このような認識が一般化つあるということは素晴らしいことだよ」

「ところで、アブラハムは故郷を捨てた人なんだよね。なぜかな?」
「故郷が魂の安住の地であるなら、故郷を捨てるという動機は生まれないだろうね。しかし、故郷にいて、そこが安住の地でないことが分かった時、人は巡礼の旅に出るんだ。もちろん安住の地を求めてで、その意味では新しい故郷を求めているんだよ。そこに信仰があるんだ」

「ところで、救いの経験をしても、なお試練があるのはなぜだろうか?」
「それは旅はまだ終わっていないという意味だよ。しかし、旅はいつかは終わるんだ。その時は試練もなくなるよ。その時が早く来るよう祈るべきと思うよ。そこに再臨信仰があるんだ」

|

« 内村鑑三の「実験」とは | トップページ | 終活、それは今でしょ »

コメント

内村は信仰雙六という愉快な図表を作成しています。もちろん、内村自身の実験や、弟子たちの観察に基づいて作ったものでしょうが、バニヤンを高く評価していた内村が天路歴程にヒントを得て作ったような気もします。
内村にとっての、というよりも、クリスチャンにとっての「上がり」は、何でしょうか。黙示録の新しい天と地、それを「上り」と考えてもいいのではないでしょうか。

投稿: | 2014年4月 2日 (水) 22時25分

内村の信仰雙六というのは、知りませんでした。賀川豊彦には、そんなゲームがあり、賀川資料館には、実物があります。信仰生活のゴールを考えることは大切と思います。再臨信仰は、その重要な要素になると思います。ケーベル博士の言葉に「ゆっくり急げ」がありますが、神はすべての人の救いを願っているので、摂理の進むのはゆっくりしているが、再臨、あるいは自分の死ぬ時は、明日かも知れない、だから急げ、という意味と思っています。

投稿: | 2014年4月 7日 (月) 07時08分

ケーベル博士のことで思い出しましたが、私の手元に、博士を前に、後ろに羽織姿の久保勉、学生服の九鬼周造と岩下壮一が写っている写真があります。岩下は学生時代、博士から「お前はビショップになる相をしている」と言われたと回想していますが、3人とも博士に可愛がられていたようですね。

投稿: | 2014年4月 7日 (月) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内村鑑三の「実験」とは | トップページ | 終活、それは今でしょ »