« 統一教会と再臨論 | トップページ | 中世を考える »

2016年7月16日 (土)

「再臨再唱の必要」

 内村鑑三は、『聖書之研究』の最終号(1930年4月)に「再臨再唱の必要」という文を載せています。再臨運動が終わって、もう10年も経っています。内村の永眠の10か月前に執筆され、死後に発表されたものです。その中で、再臨運動を終えた理由と、なお、その信仰の必要を語っています。これは、『内村鑑三信仰著作全集 13』(教文館)に収録されています。重要な資料と思いますので、その一部を紹介します。
 
「再臨再唱の必要
 私は長らくキリストの再臨を説かなかった。それは再臨を忘れたからではない。もちろん、その信仰を捨てたからではない。わが国の信仰状態において、私が先年なした以上にこれを説くの必要を感じなかったからである。さらにまたその危険を感じたからである。再臨は聖書の中心真理と言わんよりはむしろその最終真理と称すべきである。再臨は聖書の結末である。ゆえに聖書のすべてがわかって後に、少なくともその大体がわかって後に、わかるのが再臨の教義である。しかるに、そのあまりに壮大壮美なる教義であるがゆえに、人は初めてこれに接してその肝をひしがれ判断を乱されやすくある。世にいわゆる「再臨狂」の多きはこれがためである。私はキリストの再臨を説いて、多くの悲しむべき再臨狂の実例に接した。ことにこれを敏感な婦人において見た。法は人を見て説くべしであって、再臨の教義を受くる準備なき者にこれを説くは大いに慎むべきであるを知った。
 その点において十字架は再臨よりもはるかに安全である。十字架は神の義の現れである。ゆえに直ちに人の良心に訴う。キリストの十字架は倫理学最後の結論としてこれを唱道することができる。ゆえにその迷信化さるる危険がはなはだ少なくある。さらにまた十字架がわからなければ再臨はわからない。十字架は再臨の前提であって、十字架に出発して初めて安全に再臨に達し得るのである。キリスト教は烈しい倫理教である。それであるがゆえに、キリストの再臨、万物の復興というがごとき絶大壮美の終極に達するのである。十字架なき所に冠なし。十字架を経験せずして、再臨の希望の起こらないのが当然である。されども何びとも十字架はこれを避けんと欲し、冠はこれを戴かんと欲するがゆえに、十字架の苦杯を飲まずして再臨の饗宴にあずからんと欲す。ここにおいてか迷信百出し、再臨狂が続出するのである。キリストの再臨の教義が世に忌まれ識者に卑しめらるる理由はここにある。これを信ずる準備なき者がこれを信じ、唱うるの資格なき者がこれを唱うるからである。そして再臨が侮辱せらるる時に十字架に退却するの必要が起こる。そうして十字架の要塞に拠りて再臨の楽土を開拓せんとする。
 言うまでもなく再臨は聖書の基礎的教義である。再臨を否んで、聖書はわからない。もし十字架が聖書の心臓であるならば再臨はその脳髄であろう。再臨なくして、十字架は意味をなさない。それゆえに、われらクリスチャンは再臨の立場に立ちて聖書を通覧するの必要がある。目を十字架のみに注集して、われらの眼界が狭くなり、したがって信仰が冷却しやすくなる。信望愛は相互をささえ扶くる。そして十字架は愛と信の接する所であって、再臨は望の実現である。再臨の望に励まされずして、愛と信とは失せやすくある。望は信をあたため愛をひろくする。信仰維持のために再臨の希望は必要欠くべからざるものである。キリスト教道徳といいて、単なる純道徳すなわち道徳のための道徳ではない。明白なる目的あっての道徳である。
 
(中略)
 
 人は初代教会の元気旺盛を語る。それには明白なる理由があった。それは再臨の希望に充ちあふれる教会であった。初代のキリスト信者はただ無意味に信仰に燃えたのではない。彼らが世に勝ったのは、再臨の希望に養われたる信仰によって勝ったのである。今日といえども同じである。この希望に養われずして、文化と共に日々に滅び行くこの俗世界に勝つことはできない。再臨再唱の必要はここにある。」

|

« 統一教会と再臨論 | トップページ | 中世を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 統一教会と再臨論 | トップページ | 中世を考える »