« 千年王国はいつから? | トップページ | 統一教会と再臨論 »

2016年7月 3日 (日)

続・中世雑感

「中世再考と言ったって、暗黒の中世って習ったし、その印象が強いから、振り返る動機がなかなか出てこないんじゃないの?」
「近世、近代の方が身近なんだ。それはそれでいいんだ。近代の反省があれば、それが中世再考の動機になるんだ」
 
「『新しい中世』って、今でも有効な概念なの?」
「世紀の変わり目の時、そんな本が何冊か出ていたね。最近、内村鑑三の研究者の一人が新聞への寄稿で、その言葉を使っていて、ちょっと懐かしかったよ。内村には近代人への批判はあるけど、中世回帰への志向はなかっただろうけどね」
 
「内村鑑三の近代批判は分かるけど、じゃあ次の時代はどうなの?」
「ヘーゲルの弁証法的歴史観から考えれば、中世と近世の総合されたもの、その意味では新しい中世かもね。その時代を招来するのは、中世の神学者トマス・アクィナスかもよ。方法は彼の『神学大全』のやり方だよ」
 
「カトリック教会では、かつて中世の神学者トマス・アクィナスが重視された時代があったけど、第二バチカン後はどうなんだろうか?」
「異端に対する正統信仰の立場が、かつての見方だったけど、今では異説、異論との対し方で、なお見習う点があるだろうね」
 
「ところで宗教改革をどう思うの?」
「大雑把に言えば、中世のキリスト教への不満。特にギリシャ思想と混ざり合って純粋性が失われたと見た。その前のルネサンスはギリシャに帰れと言い、宗教改革はギリシャを排除せよという。ではギリシャとは何か、それが問題。異教なのか理性なのか」

|

« 千年王国はいつから? | トップページ | 統一教会と再臨論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千年王国はいつから? | トップページ | 統一教会と再臨論 »