2017年1月 6日 (金)

人生雑感

「人生とは何か考えてみようか?」
「誰にとっても大切なことだからね」
 
「人生の目的って何だろう?」
「成功の法則を見出し、それを実験してみることかな。その法則を見出したら、誰でも実験してみたくなるだろう。けど、人に知らせるのは成果が出てからの方がいいかも。安売りする必要はないよ」
 
「人生の目標に自己実現を挙げる人がいるだろうけど、どうしたらいいかな?」
「自己認識を深めることが大切かもね。そのためには自分を対象化しなければならない。しかし、現在の自分を対象化することは出来ない、出来るのは過去の自分だけ。その時に思い出されてくる記憶の意味を探すこと」
 
「人生は実験という時、実験ってどういう意味かな?」
「信仰のもたらす新しい要素への勧めの意味なんだろうけど、同時に、その要素の人生への適用の意味もあるかもね。真理を見出したら、誰でも証明したくなるよね。自分の人生で証明したらどうという意味もあるかもだよ」
 
「よく『信じて救われた』って言うけど、救われたなら、もう人生の課題は残っていないんじゃないの?」
「いや救いの説明という課題が残っている。そのためには、そういう話を聞いてみるといいよ。この点が割合、おろそかになっている場合が多いんだ。ある意味では救われているけど、まだもあるんだ」
 
「人生は数独に似ているって、どういうこと?」
「鉛筆と消しゴムが大切ということ。消しゴムをよく使わないと、なかなか迷いの世界から抜け出られないよ。あと謎解き。夢中になれるし、解けた時、快感、満足感がある」
 
「巡礼にとって大切なのは何かな?」
「人は誰でも生まれたら人生の巡礼になるんだ。その巡礼の目的地は一応は死だから、やはり死とは何か考えておく必要があるだろうね。最近はいろんな本が出ている。一般の関心が高いんだろう」
 
「人生は楽もあるけど苦もあるよ。苦の対処方法を考えるべきじゃないだろうか?」
「仏教は開祖の悟りで始まったけど、悟りに向かう動機は苦の対処方法を知りたいということだった。苦には霊的なものと肉体的なものがあるよ。大事なのは霊的な苦への対処方法で、十字架と再臨がその方法だ」
 
「画家というと、特定の人を指すけど、ある意味で、人は皆、画家と思わない?」
「そうだね。人は、誰もが人生というキャンバスに自分なりの絵を描いているんだろう。そう自覚していないだろうけど、その絵を周囲の人が見ているんだ。何を描くか、よく考えた方がいいよ」
 
「人生の失敗は消し去ることができるんだろうか?」
「過去を変えることはできないだろうね。ただ、失敗に意味が与えられるなら、その悔しい気持ちはなくなるかも知れない。失敗に向き合うには、それしかないんじゃないかな。失敗には罪があると思うけど、神の栄光が現れるためなら、くよくよしない」
 
「罪って何だろう?」
「神の意志が示されて、それに従わないこと。だから神の意志の明示が前提なんだろう。その罪の結果を見る時、その後の人生の特徴はボタンのかけ違いかも知れない。ボタンをかけても、どこかが違う気がしてやり直すことの繰り返しになるんだ」
 
「雑誌なんかで終活の特集をよく見るけど、どう?」
「終活のゴールは、自分の人生はこれでよかったという思いじゃないかな。もちろん、具体的な課題の処理は大切だけど、この世に未練が残るなら、終活は終わらないんじゃないかな」

| | コメント (0)

2014年2月14日 (金)

中島みゆきさんの曲に学ぶ

「自分は今、どこにいるんだろうか?」「中島みゆきさんに聞いてみるといいよ。『ヘッドライト・テールライト』という曲があるよね。旅をしているんですよ。人生は旅なんです。だから、自分の乗っている車の前後を照らして、間違いのない運転をして、無事に目的地に着いて欲しいね。車の前後にあるヘッドライト、テールライトが大切。中島みゆきさんには人生を歌った曲が多いけど、なかなかのもんだ」

「『ヘッドライト・テールライト』はいい歌だね。このライトは何なんだろうか?」「教皇フランシスコの回勅『信仰の光』(カトリック中央協議会)があるよ。参考になると思うよ」

「『地上の星』も名曲じゃあないだろうか?」「そうだね。無名の偉人たちを歌っているんだろう。なかなか含蓄の深い言葉だよ。星は空、天にあり、道しるべになる、地上にはない。地上に星はあるわけないけど、闇を照らす光という意味でしょう。地上の星、ただ我々が気づかないだけだ、と」

| | コメント (0)

2011年7月13日 (水)

人生

煩悩で  喜怒哀楽の  世を送り

  暇をつぶして  はいサヨウナラ

| | コメント (0)

2009年1月30日 (金)

「毎朝、玄関の花に水をやってください」
そう言い残して、妻は病院に向かった

花に水をやることは、
私の朝の習慣となった

朝、玄関の小さな鉢の中で花が開いている
精一杯に大きく、そして生気に満ちている

命は
毎日の水に支えられているようだ

「瑞々(みずみず)しい」に「水」の字は使わないが
それは水によって命の充満を示しているようだ

花と同様
魂にも水が必要だ

地球には海があり
満々と水をたたえているのに

なぜか水の恩恵にあずからない
渇いた魂も多い

砂漠の中のオアシスは
水のある所である

オアシスは
どこにあるのだろう

聖書には、こう書かれている
「渇いている人はだれでも、
わたしのところに来て飲みなさい。
わたしを信じる者は、
聖書に書いてあるとおり、
その人の内から生きた水が
川となって流れ出るようになる」
(ヨハネ7・37-38)

あなたには、もう
言い逃れはできないだろう。

神の救いの手を拒否しているのは
あなた自身なのだから

| | コメント (0)

2007年10月 5日 (金)

生と死

生と死は 二つで一つ 生のみを
 思いて滅す 競争の弊

死の準備 病来たりて 思う時
 あとを濁さず 飛ぶ鳥の如

老人は 思い出に生く 師の言葉
 因と縁とを つらつら思う

| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

人生の目的

「好むと好まないとにかかわらず、私たちはすべて建築師であります。いつの日にか、私たちが生涯かけて建てあげた人格という建築物はその姿を現わします」(『献身』)

「「私たちのいだいている思想で、石工の働きをしないものはない」とある大作家が言いました。この部分にあの部分、そして一層また一層と見えない建物ができてゆきます。やがて、それは人々と天使たちの前に現わされます。もしそうであるなら、人生というものはなんとおごそかなものになることでしょう」(『献身』)

自己実現と触れ合う思想が、ここにある。人格の完成、神が完全であるように完全を目指すこと。日常の生活の中で、こんなことを少しは考えた方がいい。

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

どんな縁 袖擦りあうの 怖さ知る
 思いもよらぬ あとの人生

| | コメント (0)

2007年8月18日 (土)

変化

「人間の秩序は、歴史的な生存条件の不断の変更に応じて、自分でもたえず変化しなければならない。われわれは世界を正しく組織することができない。われわれは世界をいつまでも変わらない持続にもたらすことができない」(『哲学の学校』カール・ヤスパース著)

社会は変化している。それに応じて、自分も変化しなければならない。

もちろん、変化しないもの、してはいけないものもある。
変化と不変、この両者の関係の中で、人間は生きている。

| | コメント (0)

2007年6月 7日 (木)

生きるとは

生きようと 思うわずらい 打ち捨てて
 風の吹くまま ただ身を委ね

| | コメント (0)

2007年4月23日 (月)

目標を 長期短期と 見定めて
 舵取りせねば 生は空しく

| | コメント (0)

より以前の記事一覧